en_US
ja
off
Mobile View
Desktop View
Q&A
2157
 

A.インストラクターの方とタンデム(2人乗り)飛行を20回程飛べば、1人で飛べるようになります!ハンググライダーは体で覚えるしかない面も多い分、間隔を詰めて通えば10数回のタンデムで1人で飛べるようになることも可能ですよ!

Q. どのくらいで1人で飛べるようになりますか?

Q.空を飛ぶなんて危険じゃないの?

A.ハンググライダーも乗り物ですから、車や自転車のように無茶な乗り方をすればリスクを伴います。しかし、ちゃんと飛び方を教わって安全を心がけて飛べば、危険なものではありません。ハンググライダーは自分の足で離着陸するものですが、万が一に備えてパラシュートも装備しているので、みんな安心して空を楽しんでいます。また、インストラクターの方の指導の下、技量に見合ったコンディションで飛ぶので過度な心配はいりません!


 
 

Q.運動神経にぶいし、ハンググライダーなんてできないんじゃ、、、

A.ハンググライダーに特別な運動神経は必要ありません!ハングで空を飛んでいる人の中には、体重が40kg前半の細めの女の人や70歳を過ぎてもバリバリ飛んでいる方がいらっしゃいます。ハングは性別、年齢、運動神経にかかわらず誰でも楽しめるスポーツです。部活動経験がなくても大丈夫ですよ!

 

Q.飛ぶのに資格は必要ですか?

A.日本ハング。パラグライディング連盟(JHF)の定める技能賞が必要です。技能証は講習を受けることによって発行され、ハンググライダーはA級・B級・C級・P(パイロット)証があります。山から飛べるようになるのがB級からなので、まずはこのB級取得を目指していきます。その後は順に上位の技能賞取得に向けて頑張ります。また、P証のさらに上にXCP(クロスカントリーパイロット)証というものもあり、これを取得するとどこまでも自由に空を飛んでいくことができます!

 

Q.もう2、3年生なんだけど、、大丈夫ですか、、?

A.ノープロブレム!! ハンググライダーは一生続けていけるスポーツです。学生から初めて、社会人になってもバリバリ飛んでる人もたくさんいます。全然特別なことはないので、遠慮せずに来てください。

一番大切なのは「空を飛びたい!!」 その気持ちです!

空を飛びたいと思っている人なら、何年生でもどこの大学の人でも大歓迎!!

Come on and join us!!